問2.日々我れ

すきなことをかく

真っ暗な

夜の海は真っ暗です
都市の明かりが あるのかないのか 
吹きつける風に 初恋にも似た息苦しさ
船から投げ出されてしまえば
白く消えていく波とともに
私も夜の海に なれることでしょう
 
笹枝ゆき 『よるのうみとともに』

 

atuihiga tudukanakutemo okaradani okiotukete chihoutosiyori (c)Imada_Natsuki