問2.日々我れ

すきなことをかく

思う

日誌

連勤による疲労からなのか、胃腸がおかしい。もともと腸は精神面に影響をうけやすいけれども、胃がこんなに変な感じなのは珍しい。あと眠い。

昨日レストランで飲んだ炭酸水がすごくおいしくて、常用したいレベルだった。でも気分的にはトニックウォーターだったからおもにそちらを飲んだ。

最近自分の書いた創作物にいろんなリアクションがかえってきて、オヨヨニヨニヨしている。でも感想を書くのが苦手だから自分からのリアクションがへたくそでよくない。

感想とは感じ思うがままをかけばいいのか、そうなるとなんか擬音語を多用した抽象度の高い文章が形成されると予想されうるが、それはそれで面白ければいいのだけど。

そもそも書いてるものだって万人受けなんて狙ってなくて、なんだかよくわかんないねって言われれば言われるほどさみしさ隠してニヤニヤしているような、小さい頃からマイノリティ気取ってた、あのころの疎外感、を自己肯定に変えて、それでもまだまだ宇宙が恋しいホームシックな地球人のままだからわたし、そういうのをひっくるめて書かずに書けるようになりたいと思っている(じぶんがたりおわり)。

それで気軽にリアクション返せるようなブログをつくってみた。見た目も煽ってみた。でもなんか使い捨てみたいでちょっと気に入らないからかまだ何も書いていない。こういう時の愛着って大事。きちんと手入れをすることによって育つのだとおもう。変化の過程は目に見えないはずなんだけど、でも確実に変わっている予感、私はこの言葉を使いすぎるきらいがある、を肌で感じることがある。

ねむたいのでねます。

 

atuihiga tudukanakutemo okaradani okiotukete chihoutosiyori (c)Imada_Natsuki