問2.日々我れ

すきなことをかく

月の名前をおしえてください(ほんとうは知らないままでいい)

通勤途中

今日の月も細かった。うっすらと光り輝く部分の残りの陰の部分がやんわり縁取られているああいう月はなんていうのだろう。繊月、だろうか。繊月というとあまりにも山月記のイメージが強すぎるからああいう月を指し示すためになにか違う名前があってほしい。
今日の帰宅した時間は出社した時間よりもあかるかった。朝は人工的な光がすくないから、近所の細い道も自動販売機だけが良心的に輝いている。そこからふたまたに別れた道の先で猫が互いに睨み合いをきかせ、一匹は妖怪みたいに唸る。その2匹の距離感は最終手段のため助走をするのに十分な距離だ。一匹はひたすら唸る。

もうひとつの道のさらに奥にある遊具のない公園はしずかに眠ったままだった。

日誌

比較的おだやかな一日だった。雨が降ったから昨日のほうがさらに穏やかだった。

 

atuihiga tudukanakutemo okaradani okiotukete chihoutosiyori (c)Imada_Natsuki