問2.日々我れ

すきなことをかく

はてな題詠「短歌の目」3月に参加してみて・ふりかえり


3月の題詠短歌10首および投稿作品ご紹介です - はてな題詠「短歌の目」

今回はお題募集もあったので応募してみたところ「バク」「揺らぎ」が採用されました。わーい。ありがとうございます!(あと手を合わせるカワウソの写真が可愛すぎてぱない。めっちゃぱない。合掌ポーズなのに「合掌」って言わせたらミスマッチすぎるかわいい。)

「バク」は最近読んだブログのかたのアイコンが可愛いバクで、それから電車で乗り合わせた人のエコバッグにバクがいたのでした。いやコアリクイだったかもしれない。なにはともあれ、珍獣系可愛いを生存戦略に掲げているわたくし、といたしましてはバクで詠めるのかと思いました次第です。そんで「バク転」とかで詠んでくれる人も絶対いるだろうと思いました次第です。とかなんとか言っといてなんですが実は自作のバクの歌はこっちのほうが個人的には気に入っています。

実物のバクってなんであんなに空想の生き物な感じにあふれてるのでしょうか。まさにenkさん(id:enk_enk)の歌のように夢を食うためのフォルムだと思います。

「揺らぎ」は動詞スキーな私といたしましては、動詞は絶対いれたいということで、でもある程度自由が効くように連用形にしてみました。それでえこさん(id:bambi_eco1020)の「揺らぎます」はかなりグッときました。自作の揺らぎの歌は個人的にも気に入っているし、かなりスターいただけました。しかしながらこれは完全に読点のちからですね、精進いたします。

今回の10首は前回より時間がかかっていて、というのもバクと羊が出てきたからこれは睡眠縛りにしようと思ったからで、かつ同じ言葉をだぶらせない、だぶらせない!?という感じになりました次第。結局縛りがどんどん外れていった次第。

一方で題詠blog2015のほうが進まなくって、つらい。向こうはお題が1字だけというのが縛りが逆に広くて、自分のボキャの少なさを思い知るのです。お題は単語のほうが作りやすいという新たな発見です。

今回は強烈に刺さる歌がいくつかあって、激アツでした。いつにもましてスターつけまくってしまっております。でもどれかはないしょ。いひ。

 

atuihiga tudukanakutemo okaradani okiotukete chihoutosiyori (c)Imada_Natsuki