問2.日々我れ

すきなことをかく

初めて気がついたこと

私は偏食が比較的激しいのだけど、オクラとか納豆とかとろろなんかはかなり好きである。一方でもずくやめかぶなめこなんかはあまり好きでない。

この違いはいったいなんであるのか、しばらく考えていたのだが、ねばねばとぬるぬるじゃないか、というところに行き着いた。

水分量が多い食物は苦手なので、粘度がより高いほうが好ましいのかもしれない。

数え歳四捨五入アラサーにして初めて気がついた。

初めて気がついたことといえば、私はどうやら海藻が苦手なようだ。

これまでわかめスープは山ほど食してきたし、おつまみ昆布なんかはばくばくたべてきた。強いて言えば海藻サラダがまったくといっていいほど食べられなかったが、それこそ例外なのだと思っていた。

それがこのあいだ、でろんとしたわかめを食べた瞬間、コレハキライダ!と天の声が聞こえた。それはみそ汁にいれたての味のないわかめだった。私は海藻が苦手だった。

よくかんがえてみると、結構海藻もぬるぬるしている気がする。

数え歳四捨五入アラサーの春である。

atuihiga tudukanakutemo okaradani okiotukete chihoutosiyori (c)Imada_Natsuki