問2.日々我れ

すきなことをかく

第四回短歌の目6月の自作感想

tankanome.hateblo.jp

先月は技巧に走ったので、今回はわりと押さえて詠んでみました。しとしとした季節柄はわりとしっとりしたものが多かったはず。
今月末は大祓式ということもありますので、神道・神社モチーフ(1.2.6.)入れてみました。みなさん、もう半年がすぎちゃいましたよ。ほんまどうしましょう。

今月の枕詞「たらちねの(10.)」ですが、私は半分フィクション半分ノンフィクションにしました。フィクションにまるっと仮託するのはちょっと厳しかったですね。まず垂れるほどの胸をもったグラマスな母を想定できなかったんですよね。まあ冗談はおいておくとしても、私のなかのたらちねの母は老婆で、かといって非実在老婆では詠めませんでした。だから半分半分のところで着地したけど、うまくまとまらなかった。設定は母がアルバムをめくりながら「この頃(昔)はバストもあるし父(母にとっては夫)も写っているね」というみたいなことを言っていたってかんじです。

仕事が一段落ついたので、またガンガン詠みます。ガンガンです。

好きな歌は5.7.9.です。つばめと筍はお得意の逃げの力技(ことばあそび)できないどうしよう!ってあふあふしながら作りました。でもいいところにおさまりました。よかったです。どんとこい!(調子に乗る)。あと体言止めが多くなる傾向なので、次回はそこらへんに縛り作ろうかな。あとお題出そうって思いながら毎月忘れております……!

tuchinoco.hatenablog.com

atuihiga tudukanakutemo okaradani okiotukete chihoutosiyori (c)Imada_Natsuki