問2.日々我れ

すきなことをかく

第5回短歌の目・7月――むずかる熱さ

tankanome.hateblo.jp

いきます!ドドーン(たーまやー)

 

1.手帳

 来年のことを笑うか 嘘ばかり書かれた手帳を鬼が笑うか*1

 

2.花火

アスファルト 下駄の響きに削られて午後の余熱に逃げこむ花火

 

3.虫

 一寸の虫の魂五分ならば 私のたましい80センチ

 

4.白

はつはるの冷たさでなく夕立を呼びこむような白のTシャツ

 

5.アイス

信じてた想像力は、数百円*2。アイスクリーム ゆるみ、したたる。

 

6.プール

ワニ園は今日も凪いでるアリゲーター プールの 水面( みなも ) ウロコが ( つつ )

 

7.すず

遠回り 見つけたほおずき熱されて すずみたいです 君は敬語で

 

8.アンタレス

アンタレス 女はひとり涙拭き 一途に赤く燃ゆる星よ

 

9. 雷

ぶつぶつと手をすりあわす老婆あり 雷鳴だけが轟く晴天

 

10.ぬばたまの

 ぬばたまの夜にうっすら横たわる汗ばむ我れを乾かさむ風

 それっぽい短歌が多くなってしまった。実感が足りてない。もっとドドーンてしたやつ作れたら。

*1:

はてな題詠「短歌の目」 第5回7月:初参加 - なめこの言い分2

1.手帳

真新しい手帳にウソを書き連ね 偽りの日々で今年を埋める

返歌ではないけれど、こちらからのインスパイアです。

*2:ほぼ日刊イトイ新聞 - 新潮文庫のささやかな秘密。

atuihiga tudukanakutemo okaradani okiotukete chihoutosiyori (c)Imada_Natsuki