問2.日々我れ

すきなことをかく

世界はそろそろ終わっていいよね君はフィッツ、咥えるような気楽さでいう

呪詛を飲み込むのはめぐりめぐった呪詛を引き受けたくないだけで、呪詛が必ず返ってこない可能性をさし引いてもなお私は体外に吐き出すことをおそれている。ばかばかしい。

なんで怒ったらいけないんだっけ

なんで泣いたらいけないんだっけ

なんで得意でもない役割を引き受けているんだっけ

見返りが、ほしいんだっけ

ゆるやか禁則事項は私が社会から疎外されないようでいて実のところ窒息させようとしているのではないかと錯覚する

私はこのゆるやかな死をたぶん楽しんでいることにしたいのだ

atuihiga tudukanakutemo okaradani okiotukete chihoutosiyori (c)Imada_Natsuki