問2.日々我れ

すきなことをかく

ご感想ありがとうございました!短歌の目・10月

tankanome.hateblo.jp

卯野さま、ご感想ありがとうございました。
30名分の感想コメント、ただでさえ頭がさがる思いですし、多様な作品にていねいに言葉を尽くされている卯野さんはすーぱー主催者さんです。

また参加された方から頂いた感想も拝読いたしました。ありがとうございました。

評にせよ感想にせよ、作品(テクスト)から読み解けるものを言語化するのはほんとうに大変なことやと思います。言語作品を言語で語るむつかしさ。

ついやりがちなのは作品についてではなく、それに近い自分の経験や感覚を語ってしまうことで、これも感想と言わなくはないけれど、あくまでも作品への導入部分なんじゃないかと思います。では作品を語るとはなんなのか。人生経験も浅く作品読解が弱いわたしにはまだまだ答えの出ない問いではあるのですが、自分の経験のはるか先にいっている作品がもっともうつくしくあらわになっている部分をつかむこと、そしてそれを丁寧に言語化していくことがこの問いへの接近になるのではないかと思っています。

10月はいろいろ時間なくてスターつけてまもなく11月にはいろうとしているわけですが、感想ももっと書いていかないとなあ。自戒。
あと10月の短歌の目はけっこうどれも大人しかった、というか整ったのばっかり出してしまって、そのなかでもより整ってわかりやすい歌にスターが集まって、いやいやホームなんだから(と勝手に定住宣言ですが)もっとはげしく遊んでもいかないとなあ私よ。自戒。

ということで11月は攻めます。お題も出てないけど。感想も書く。最低でも5首選します。次回、乞うご期待。

atuihiga tudukanakutemo okaradani okiotukete chihoutosiyori (c)Imada_Natsuki