問2.日々我れ

すきなことをかく

あなたはウーパールーパーに似てるね、

最近ツイッターをしていると私が私のことを語りがたろうとしていて少し気に食わない。わたしの中のゴリラがドラミングをしはじめたときは、オレンジジュースを飲むことにしているのだが、あいにく切らしてしまっていて橙色にもなれない(うすだいだいいろではない)。

今日は読書して少しお散歩をする予定だったのだが、1日中寝てしまった。ほんとうに1日中だ。低空飛行を繰り返した10月の総清算みたいなことだろうか。いろんなことが早く終わってしまえと、思うと同時にもう10月が終わろうとしていることにただただ驚くばかりだ。こんな陳腐なクリシェでわたしの生が表現されてしまっても良いものなのだろうか。しかしそんな表現以上に値するような生なのかわたしは。

最近、この人はこういう人だ、という血液型性格分類の域をでない話題をしていて、それは大変曖昧なものであるにもかかわらず非常に好まれる、そのさい出てきた「(彼女は)本質的に優しい人間ではない」というのと「(彼女は男性的というよりも)気の強い女だ」という表現がわたしの中でバズった。

本質的に優しい人間ではない、という表現は、たいそうイメージの悪いような言葉であるが、私の中では決してそんなことはなく、彼女のことを正確に表現することを重視した結果のアウトプットであるから、表現されている内容に対する善悪好悪の判断は一切含まれていないのである。いわゆる「あなたはウーパールーパーに似てるね」問題、のようなものだ。

このように私は無神経な表現をしてしまうことが多く、そうやって敵も少なからず作ってきたから、社会的組織にいるあいだはしずかに、沈黙を貫いていきたいとおもっているのだけど、そこから一歩離れてしまえばアンタッチャブルなつちのことしての生を謳歌したいんだろうなあとまた眠りに逃げていく。

atuihiga tudukanakutemo okaradani okiotukete chihoutosiyori (c)Imada_Natsuki