問2.日々我れ

すきなことをかく

かるでら、

f:id:imada-natsuki:20151217220635j:plain

大滝和子の歌集を少し読む。とてもよくて、何ページか読むとその美しさがおそろしくて、これを読んでしまうと全てが終わってしまうような気さえして、読むのをやめてしまう。神様だなと思う。こんなことなら知らなければよかった。かもしれない。馬鹿馬鹿しいくらい私は子羊だ。いつか市場に売られにいくのだろう。

カルデラを見に行った。カルデラには地球そのものが詰まっているような気がして、好ましかった。うねりが素敵だった。私が死んだ後も、ずっとうねっているのだろう。そうでなくてもこれはほとんど祈りにも似た気持ちだ。

三連休はあっという間で、そういえばはやく退職願を出さなければならないと思い出す。引き止めてくれるけれど無理強いせずに未来を応援してもらえることも大変ありがたい環境だ。残り3ヶ月を丁寧に過ごしたい。ところ。

f:id:imada-natsuki:20151217220716j:plain

atuihiga tudukanakutemo okaradani okiotukete chihoutosiyori (c)Imada_Natsuki