問2.日々我れ

すきなことをかく

どうやって

春を拒んでいたら1週間もブログを書いていなくて驚く、いったいどうやって生きていたのだろうわたしは。

そうこうしている間に生きていく上で重要なことどもがさくさく決まってゆき、わたしはわたしの退路を断っているような、そうでないような、

3月はやらねばならないことが多く、それを乗り越えた先の4月は爆発的な解放であるからにして、その衝撃に耐えるべく、私はジャンプ出来る距離をうんと伸ばせるように、

春を拒んでいたら、私は春を受け入れざるを得なくなっていくのだろう。

atuihiga tudukanakutemo okaradani okiotukete chihoutosiyori (c)Imada_Natsuki